BRAND  STAFF&RIDER  SCHOOL&CLUB  ENTRY  CATEGORY  ARCHIVE  COMMENT  TRACKBACK  RECOMMEND
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.09.19 Thursday

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の6

 

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の6

 

 

【ISA WORLD SURFING GAMES】

 

さて今回長々とお付き合い頂いた『ISA WORLD SURFING GAMES』の僕の独断と偏見による感想でしたけど…最後に気になった点を、前回のBlog・スノーボードがオリンピックになった時の話しを踏まえてしてみたいと思います。

 

サーフィンも同じように、サーフィン最高峰尾のメンバーがいる『WSL』。その格の違うメンバーは普段『ワールド・サーフィン・リーグ(WSL)』という競技団体のメンバーでサーフィン最高峰尾のメンバー同士(選出その他は…また後日)が年間を通して試合を行っています。また今回の『ISA』は基本アマチュア団体だけど、プロもアマチュアも含めた今大会でいう所の「世界チャンピオンを決める大会を運営する団体」で日本の”NSA”の世界レベルと思って頂いても良い(日本はプロという資格があるのでプロはJPSAという団体で基本動いています)かと思います。この2つの団体『WSL』と『ISA』が良くここまで歩み寄れたかと思いました。前回お話しした僕が関わっていた当時のスノーボード界では考えられない事でした。それだけ2つの団体がサーフィンを通じて1つの競技であると認めている事と、オリンピックに出場したいというピュアな気持ちを持った選手の”心”がそうさせていると僕は思う。

 

 

しかし、僕が感じた問題点は…2つの団体の競技ルールの違いにあります。

 

観ている側は、凄くエキサイティングだった。それは、ISAルールの乗っ取って4人ヒートで1ヒート20~30分だった事です。WCTだと基本2人ヒートだし30~40分ヒートで行われ、一日に精々1~2ヒートですが…今回の場合は、勝ち上がれず負けてしまうと何ヒートもこなさなくては行けないリパチャージに入り、1日に2~3ヒートを4日間毎日こさなくては行けなかった。勝ち上がったとしても毎日1~2ヒートで消化させられた。

 

これってある意味、高校野球で今話題の投手起用方法に等しいほどの事で…”トレド”も最終的に棄権してしまったし、大怪我が無かったから良いモノのWSL側としたら「もう少し配慮しろよ!」という気持ちになっていたと思う。高校野球と同じで、アマチュア団体だから…みたいな考えは「捨てた方が多くの素晴らしい選手が、今後も観られるような気がした。」

 

 

- 頑張っていたのに…結局、試合中怪我をしてしまい棄権してしまった”Toledo” -

 

また前回のBlogでもお話ししたように、MENSの初日・2日目のあまりにサイズが小さくショルダーのないダラダラな波に…「WSL」のコンテストであれば”レイディ(中止)”になるコンディションの中ヒートをやらなくてはいけなかった事へのイラ立ちは、一部の選手には我慢出来ない事だったと思う。

 

今回のオリンピックがサーフィン初開催なので、ある程度皆出場したがっているが…いずれにしても、こんな状況が続けば野球の大リーガーがワールドカップに出ない選手(選手は出たくても球団が許さない場合も含め)がいるように、同じ考えを持つ選手がいずれ現れ・増えて来るように思えた。

 

総勢240名もの各国の選手が戦うのをガチで観れたし・普段CT選手では観れない「4人ヒート」「小波」「短いヒート時間」と観ている側には、たまらない一週間でした。オリンピックは40名だし・その6倍楽しめたのだから『おそらく僕はもうこんな試合は日本で観れる事は無いと思った。』

 

 

いずれにしても、スノーボードと違い2つの団体が歩み寄ってオリンピックに向かっているので…選手ファーストの考えを強調し良い方向に向かっていって貰えればと思います。

 

- 素晴らしいコンテストをありがとう!!! -

 

Team Ranking
Gold – Brazil
Silver – USA
Bronze – Japan
Copper – Peru
5 – South Africa
6 – Australia
7 – New Zealand
8 – Costa Rica
9 – Spain
10 – Canada

 

Open Men:
Gold – Italo Ferreira (BRA)
Silver – Kolohe Andino (USA)
Bronze – Gabriel Medina (BRA)
Copper – Shun Murakami (JPN)

 

Open Women (finished September 10th):
Gold – Sofia Mulanovich (PER)
Silver – Silvana Lima (BRA)
Bronze – Bianca Buitendag (RSA)
Copper – Carissa Moore (USA)

 

Provisional Tokyo 2020 Qualification:

Men:
Shun Murakami (JPN)
Ramzi Boukhiam (MAR)
Billy Stairmand (NZL)
Frederico Morais (POR)

Women:
Shino Matsuda (JPN)
Anat Lelior (ISR)
Bianca Buitendag (RSA)
Ella Williams (NZL)

 

- これはあくまで、このイベントの個人的感想です。

次回Blogも、独断と偏見の総評をお伝えします。 -

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

19.1℃/24.5℃

場所選べば…

水温下がりました

明日は、

 小潮周り…

日出時間:5:24(127cm/8:00)

干潮は午後:13:24(81cm) 

陽入時間:17:39(138cm/19:00時点)

干満差*(46cm)(57cm)

東北東がやや強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意と配慮して楽しんで来て下さい!

 

今日お仕事の方は、皆さん頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月25日 (WED)の日程で開催する事になっています。

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.09.17 Tuesday

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の5

 

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の5

 

 

【ISA WORLD SURFING GAMES】

 

今回の日本人の活躍は、遅れていた日本サーフィン界の歴史を彼らが一気に早送りさせてくらたように思えて嬉しかった。「素晴らしい。」と思いました。インターネットやグローバル化する事って「悪い事(僕の年代の人にはネ!)ばかりではないんだなぁ。」と思わせてくれる出来事でした。

 

実は僕の30代はスノーボードに明け暮れる毎日でした。当時僕は、JPSA(日本スノーボード協会)の役員として・大会関係者としてジャッジや運営役員として日本を飛び回っていました(嘘みたいなホント→笑)。勿論、下手なジャッジでしたけど当時のトップアマチュアやプロスノーボーダーの皆さんに可愛がって貰いました。長年スノーボード連盟の役員として関わり・オリンピックでスノーボードが初開催だった長野オリンピックの前年までずっと関わっていました。

 

- Keisuke Katayama -

 

大きなお金が動くオリンピックの良い部分・嫌な部分に随分関わって「ちょっと疲れて嫌になりました。」当時のスノーボードは低迷するスキー連盟(SAJ)とスキー場や政治に全く力の無いスノーボード連盟(僕が携わったJSBAです)が、争い・かなり不快な状況の中…最終的には全く歯の立たないスノーボード連盟がスキー連盟のお手伝いをするような結果になった。今(現在)では全くどうなっているのか知らないけど…知る必要もないしね!

 

僕にはスノーボードとしか比べられないけど、長野オリンピックがあってから16年間掛けて 平野くん・平岡くんがメダルを取るまでライオや西田くん・渡辺伸ちゃん・中井くんそして國母くんと随分時間が掛かった気がした。けどそれも同じように上がって行く世界のレベルもあったので今に至るのは仕方なく、数十年掛かったとは言え追いついた事は多くの方の努力と勿論選手やコーチの方の頑張りがあったからだと思います。「追い付いて良かった。」と心から思うし、追い付けて良かったとも思う…今回の”ISA WORLD SURFING GAMES”での日本人選手達の努力と頑張りは、スノーボードの16年間を一気にサーフィンは早送り出来たような日本チームの戦績であり実力だったと思います。僕には何となくしか解らないけど、これもやっぱり”カノア”が、一つ上のステージで試合をしてくれている事が日本チームに取って大きな事だったような気がしました。これは、誰もが口を揃えて言っているので間違いないのではと思います。

 

 

今回の『ISA WORLD SURFING GAMES』は、予想以上に成功を収めました。前回よりも順位を落としているとは言え、出場しているメンバーが全然格が違うので(前回大会と)比べものにならないほどの進歩だと僕は思いました。このイベント事態も最終日が2万人・その前日は天気も悪い中1万人の観客を集め大成功に終わりました。一方、僕には少し気になる事を感じていました…続き。

 

 

- これはあくまで、このイベントの個人的感想です。

次回Blogも、独断と偏見の総評をお伝えします。 -

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

23.6℃/25.4℃

千葉北ほぼクローズ…

明日は、

 中潮周り…

日出時間:5:23(143cm/6:33)

干潮は午後:12:32(18cm) 

陽入時間:17:42(146cm/18:35)

干満差*(125cm)(128cm)

北東が普通より強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意と配慮して楽しんで来て下さい!

 

今日お仕事の方は、皆さん頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月25日 (WED)の日程で開催する事になっています。

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.09.16 Monday

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の4

 

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の4

 

 

【ISA WORLD SURFING GAMES】

 

今回のコンテストで、印象的だったのは”ジョディ”や”ジュリアン””オーエンライト”らが早々に敗退してしまった状況の中”ケリー”は初めから負けないサーフィンをしていて”コロヘイ”がそんなケリーに刺激を受けていたように思えました。かなり初めからマジでやっていたし、最強ブラジルチームはそれに観て目覚めたかのように、一人(トレイロはリパだったけど)も取りこぼさないようガチでやっていた事がファイナル・ディまで勝ち進んだ要因だった気がする。ブラジルチームは、初めのヒートのゼッケンがレッドで無かった事(過去の戦績で決められる)への怒りも感じたし、このコンテストに掛ける意気込みは素晴らしかった。

 

 

残念だったのは、早くに敗退してしまった優勝有力候補たちでした。僕はCT選手に知り合いがいないので尋ねる事が出来ないけど、MENSの初日・2日目があまりにサイズが小さくショルダーのないダラダラな波に苦戦し、WSLのコンテストであれば90%以上「レイディ」になるコンディションで僕が観ていても中止でもおかしく無いと感じる中…ヒートをやらなくてはいけない事へのイラ立ちが「やらされている感」に変わり、イライラしながら試合をしているように(ようにではなく、していた。)観えて「これでは、いくら実力があったも無名の選手達の失うものは何もないGo For It!!!の精神に勝てる訳がなかった。」

 

 

日本は本当に上手になったと思う。特にMENSの3人は素晴らしかった。オリンピックに出場する事への意欲も素晴らしかったけど、あのダブルくらいあるグチャグチャの波にあれほどの演技が出来る事って、ただオリンピックに出たいと言う気持ちだけでは到底戦えなかったと思う。試合後皆も言っていたけど「このヒートで自分の実力を世界の選手とどれだけ戦えるのか?」という思いを感じたし、ただそれだけであの大舞台であれだけのサーフィンが出来るなんて到底思えない。

 

「本当に、皆すごいなぁ!」と感じた。

 

- これはあくまで、このイベントの個人的感想です。

次回Blogも、独断と偏見の総評をお伝えします。 -

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

19.3℃/24.7℃

クローズアウト…

水温低い

明日は、

 中潮周り…

日出時間:5:22(148cm/5:57)

干潮は午後:12:06(48cm) 

陽入時間:17:44(148cm/17:57)

干満差*(100cm)(100cm)

東北東が強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意と配慮して楽しんで来て下さい!

 

今日お仕事の方は、皆さん頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月25日 (WED)の日程で開催する事になっています。

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.09.15 Sunday

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の3

 

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の3

 

 

【ISA WORLD SURFING GAMES】

昨日に続いて今日も『ISA WORLD SURFING GAMES』の話しをしようと思います。実際は本日全日程を終了し、やはりサイズが上がると現WCT選手は凄く昨日・今日だけの勝ち上がりを観れば収まるところに収まった気がします。

 

MEN'Sも本当に色々な事がありました。始まってすぐに現CT選手が次々と無名の選手(ローカルヒーロー)に敗れ、リパチャージに回るという波乱「一体全体、WCT選手で誰がメインラウンドに残っているの?」と思うほどの人数が負けてしまいリパチャージに回ると方が「ヤバい!!!」…という選手もいて、回数もこなさなければ行けないし…。メインラウンドで勝ち上がっていく方が随分楽に感じているみたいでしたよ。「絶対、負けたくないみたいでした(笑)。」

 

 

- 大活躍だった”和井田理央”。彼もFINSETをいじってました。 -

 

そんな中、神様”ケリー”はなんなくヒートをこなしヒートを進めれば進むほど、往年のケリーを思い出させてくれるようなサーフィンを観せてくれていました。何と言っても僕の『TWINで何処までやれるか!』なんてほんのチッポケなものだと考えさせられるほどでしたけど…考えようによっては「僕がこのステージに立てる訳ないので、代わりにケリーがやってくれていると思えるようになったし、僕が今まで試合に勝てるTWINFISHを作っているコンセプトは間違ってないんだなぁ!と思えた。」

 

 

”ケリー”は昨日のラウンド4までは、ずっとTWINでヒートをこなし、昨日のビッグサイズになるまではTWINで勝ち進んでいました。お陰様でケリーのTWINのサーフボードのコンセプトも結構理解出来た。今、僕が乗っているTWINFISHなのに対して更にパフォーマンス性を持たす為のTWINで…テールをラウンドピン(はっきり観えなかったけど)でウイングをFINの前あたりから付けてスティンガーっぽく仕上がったTWINを乗っていた。ノーズも僕のよりも随分絞っていましたね!

 

…僕のがレトロをリスペクトして作っているTWINFISHだとしたら、”ケリー”のは未来型TWINでTHRUSTER欠点をTWINにする事で補う事の出来き…この波だからこうしようという考えから出来たTWINのような気がしました。

 

何より、戦っているレベルとイメージする乗り手と乗り手のテクニックのバリエーションが違うだけで、コンテストに勝てるTWINを作る事は同じ考えである事は間違いなく、ケリーと同じ理論を持つサーファーにはケリーのTWINの方が乗り易いと思うし、中級者レベルの方であれば、僕のTWINFISHの方が乗りやすいのではと感じました。ともあれ、TWINでコンテストで勝とうという気持に賛同して貰っているみたいで、素直に嬉しかったです。

 

今回のコンテストは、波のサイズが無い前半戦と後半は半端ないジャンクなコンディションでオーバーサイズの波のコンテストでした。各選手インタビューのたびにサーフボードが違っていて色々なサーフボードとFINSETを観る事が出来ました。本当は会場に行ってサーフボードを直接観れれば、もっと勉強になったんだけど…それでも解説や映像の中でも色々と勉強になったので、これからの自分のサーフボード作りには、凄く役立ちました。

 

 

僕も一度でイイからWCTの試合を”生”で観て「選手のサーフボードを間近で観てみたいものですね。」僕が”生”で観ていたのは1980~90年代の丸井が部原で開催された頃なので、観ていたものが今と全然違いますね→泪笑。

 

『ISA WORLD SURFING GAMES』も今日で終わり、正(まさ)しく祭りの後の気分ですけど、久しぶりに良いモノを観せて貰いました。選手の皆さん、ありがとうございました。明日も総評を語らせて下さい。続く…

 

- これはあくまで、このイベントの個人的感想です。

次回Blogも、独断と偏見の総評をお伝えします。 -

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

19.6℃/25.0℃

千葉北サイズUP…

水温下がりました

明日は、

 中潮周り…

日出時間:5:21(151cm/5:23)

干潮は午前:11:41(40cm) 

陽入時間:17:45(149cm/17:53)

干満差*(111cm)(109cm)

南東が強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意と配慮して楽しんで来て下さい!

 

今日お仕事の方は、皆さん頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月25日 (WED)の日程で開催する事になっています。

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.09.14 Saturday

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の2

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の2

 

【ISA WORLD SURFING GAMES】

自分は生粋のコンペティターでは無く、どちらかと言うとコンペティターファンですかね(笑)!そのファンの僕が前半の個人的感想を書きますね!

 

何と言っても”ソフィア ムラノビッチ”でした。僕はもうラウンド4位から完全に彼女の応援団でしたよ。ファイナル出場進出を決めたセミファイナルそして「こんなドラマってあっていいの?」って思えるようなファイナルでは、ラスト10分ほどは、泪で画面が観にくくなってしまうほどでした。

 

 

実際、自分もこの前半戦を観戦してもうクタクタお腹いっぱいでかなり疲れました(笑)!!!

 

”ソフィア ムラノビッチ”は、ペルーの英雄でワールドチャンピオンに2回輝いた事のある実力者です。僕の印象はかなり失礼ですけど、覚えている範囲では、当時レディースのシグネチャーモデルのデッキパッドが発売されていなかったのですが、初めて彼女ともう一人(覚えてないです)が発売される事が決まり、お店でも置いていた思えがあります。そして彼女のデッキパッドが全く売れなかった事を強烈に覚えていて、そんな事が彼女の印象でした(笑)。

 

それと彼女はどちらかと言うとアイドル系では無かったので…日本では今一人気が無く「僕の印象も、試合だけはめちゃめちゃ強いなぁ!」という何とも強い女性でした。その彼女を最後に観たのは、フランスか何処かヨーロッパで行われたQSか何かのコンテストで、其の試合の時点で一世代若いコンペティターにボロボロに敗れた試合でした。「実際、古いサーフィンしてるなぁ。昔は強かったのに…」

 

…という彼女をそれ以降、何年も観る事はありませんでした。

 

- 実はブラジルの”リマ”ももう34歳になっていました。-

 

 

今回も「まさか?だったし…あっ、懐かしい出てるんだ!」というくらいでしか観ていなかった。でもそれは僕だけでなく、初めの方のラウンドは誰もが「是非、頑張って欲しい。」という同世代を感じる皆さんや今のヤングジェネレーションに立ち向かうかつての王者が検討する姿を称える程度だったと思う。

 

現に女子の方では、優勝するのではと思われる選手で負けてリパチャージを戦っていたのは”カリッサ”くらいだった。しかしヒートが進むに連れ”ソフィア”の戦っている姿が嘘では無いように思えて来た。それでも妹や自分の子供くらい歳の違う選手を相手に戦う事は、どう観ても不利でどのヒートも彼女が完璧な試合運びをしていても、若者が完璧な波をキャッチしたらエクセレントスコアされて負けてしまう試合ばかりだった。”ソフィア”のサーフィンは、どの波に乗っても完璧なんだけどやはり若者独特のキレは無くスコアされる得点も0.5~1.0点くらい低く観えた。

 

 

毎ヒート毎ヒート…「もうダメかなぁ?頑張って!」っと思いながら観ていた。圧巻はセミファイナル(負けていない人の方のFINAL)のクロスヒートだった。彼女は誰よりも落ち着き・誰よりも試合を知っていて・誰よりの波を解っていた。それにこの一つでも掛けていたら、彼女がこのヒートを勝ち上がる事は無かったと思う。

 

ファイナルは、きっと彼女を応援しない人はいなかったと思う。25分間「誰かが、2本彼女と同じクオリティの波を乗れたら、彼女の優勝は絶対無かったと思う。」それだけでは無い…リーシュが外れて一旦岸までサーフボードを取りに行くというハプニングに解説の細川さんと脇田さんがおっしゃっていた「彼女に与える神様からの最後の試練じゃないですかね!」とそれでも「何とその間、一度もセットが入らない。」なんて事が実際に起きた。しかも彼女のポジションは完璧でこのあとプライオリティを利用して乗った波を7.0点代をスコアし何とかNEED6.0点代に載せるも…残り2〜3分で良いピークの波を乗られたが、全員力が入り・フィニッシュターンを入れられるような波でも無く…終了した。

 

ワールドタイトルを2回取るも、一度引退してもう何年も試合から遠ざかっていた彼女が、現役のTOP WCT選手やISAのTOP選手更にWQS TOP選手を破って36歳の”ソフィア”が優勝した。1試合1試合にドラマがあったり・国の名誉を掛けて戦っている姿は本当に感動的でした。

 

 

サーフィンの技術は負けていても、海を知り・戦い方を知る事・そして自分が海と調和する事で技術は負けていても試合には勝てる事を改めて教えて貰った前半戦の僕の感想でした。

 

『ISA WORLD SURFING GAMES』もいよいよ後半残り1日になりました。「後半戦の感想は、またBlogに入れたいと思いますけど、MENSはMENSで凄い事になりました。」続く…

 

- これはあくまで、このイベントの前半戦の個人的感想です。

次回Blogは、後半戦の感想をお伝えします。 -

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

22.0℃/24.2℃

千葉北エリア出来てます…

水温少し下がったかも

明日は、

  大潮周り…

日出時間:5:21(131cm/4:50)

干潮は午前:11:15(34cm) 

陽入時間:17:47(149cm/17:33)

干満差*(97cm)(115cm)

北東が強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意と配慮して楽しんで来て下さい!

 

今日お仕事の方は、皆さん頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月25日 (WED)の日程で開催する事になっています。

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.09.13 Friday

ISA WORLD SURFING GAMES - 其の1 -

 

- ISA WORLD SURFING GAMES - 其の1

 

【今回、1回目はこのイベントが始まる前に書いたBlogです。】

 

…始まりましたね!ISAの世界大会が宮崎で、今日午後からは女子のラウンド1がスタートします。先日QS10000で快挙を遂げた”日本人女子選手”の出場は無いですが目まぐるしく変わる日本人女子のトップが本日2名クレジットされていますよ!

 

これだけの面々が出場するんだけど、以外に反応は悪くもっぱら”Kelly”の出場のお話しばかり耳に入って来ます。それもそのはず、日本のサーフィンマーケットを支えて来た年代は正に”Kelly"の世代だし、今のトップランカーになるとかなり歳の離れた弟世代の選手ばかり。中には、自分の息子ほどの選手もいるしね!

 

 

それでもおそらく、オリンピックは参加選手数に制限があるから、世界中のサーフィンが上手な面々が揃うのは「おそらくオリンピック後、サーフィン人気が大昔の”丸井時代”以上に復活してビックスポンサーが付かない限り、これほどの選手が顔を揃える事はないだろうから是非インターネット(アメバTV)でご覧下さい…僕も試合を”生”でみたいモノでしたけど、皆さんと同じようにインターネットで観させてもらいます。」

 

 

”Kelly"の事だけ語ると…

不思議な事に”Kelly"がアマチュア最後の年(1990年定かではないけど、昨日インタビューで本人が言ってました)にアメリカ代表で日本に来てファイナルでブラジル選手3名と”Kelly"の4人ヒートを戦ったと思います。ブラジルは自分が勝つ事以上に”Kelly"をマーク(当時はプラィオリティルールが無かったので…)してたけど、最後の数分で”Kelly"が良い波に乗って逆転優勝したのも宮崎でした(定かでは無いけど、その時も木崎浜だった気がする→これはあんまり自信がない)。本人がオリンピックに出場出来れば違う話しになるけど、あの時の再現がまた観られれば「何と因縁的で素晴らしいのにね!」「でも今回はブラジル3名がフィナルに残る可能性よりも”Kelly"の方が難しいっていうのも皮肉だよね!」

 

僕もこの『ISA WORLD SURFING GAMES』の事は、全然詳しく無いので「観戦している間に、またBlogに感想を入れたいと思います。」続く…

 

- ここまでが、このイベントが始まる前・Blogに載せようと下書していたモノです。 -

 

そして本日は、もうMEN'Sのヒートもドンドン進んでいますが、次回のBlogでは前半戦の僕の個人的(独断と偏見)な感想をお伝えしますね!

 

【2019 CHIBA WEST CUPについて→倶楽部員の皆様へ】

 

2019年度の千葉西カップの日程が決まりました。大会は10月27日(日曜日)です。正にこの大会は『クラブ員皆さんの年に一度のサーフィンゲームスですね!」今回の会場は、いつものポイントでは無く(笑)『豊海海岸ポイント』になり最高のコンディションで日ごろの練習の成果を発揮出来ると思います。是非、今年も皆さん良い成績を収めて自信を付けて下さい。「まずは、昨年の自分を越える成績を目標に頑張りましょう。」

 

 

◆日程:10月27日(日曜日)

◆会場:豊海海岸(ポイント)

◆エントリー費:5000円/TEEシャツ(S.M.L)+お弁当

◆エントリー締め切り:10月6日(日曜日)

※エントリー費は必ず期日までに、お店までお持ち下さい。

 

以上です。それでは皆さん、練習会・影練・個人練習・などなどと日ごろの練習の成果を、秋の『サーフィン検定』『千葉西CUP』で是非、発揮して下さい。

 

頑張れ〜!!!

 

 

試合に出場しない『FREE SURFER系の倶楽部員の皆さん』も、自己満のフリースタイラーでは無く、玄人の目から見たスタイリッシュなサーファーを目指して頑張りましょう!!!ボディボーダーの皆さんも同じですよ!

 

千葉南エリアの

水温も入れておきます。

23.9℃/24.7℃

北東…

今一

明日は、

 大潮周り…

日出時間:5:20(149cm/4:17)

干潮は午前:10:48(30cm) 

陽入時間:17:48(148cm/17:13)

干満差*(119cm)(118cm)

東がやや強く吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

海に行かれている方は、十分注意(車)して楽しんで来て下さい!

 

今日も一日、皆さんお仕事頑張りましょう!!!

現在、ライフラインが復旧していない地域の

皆さん、無理せず頑張りましょう。

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は10月になります。

※9月の『FREE SURFIN' DAY』は9月1日(SUN)と9月25日 (WED)の日程で開催する事になりました。

 

ISA WORLD SURFING GAMES MIYAZAKI 〓 写真はすべてHPよりお借りしました!!!

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

”ポチッっ”と

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.08.27 Tuesday

神様からの課題-身体作り-?!!

 

- 神様からの課題-身体作り-?!! -

 

前略、皆様。

今日も清々しい朝ですね!天気とは裏腹に「僕の心は、まだ『全日本』の出場辞退が尾を引いていますよ↓」チャンスってそう何回も来るものではないし・試合に出た人と出無かった人の経験の差は、自分でも解るから出場一回(1~2年)以上、出場していた人に遅れてしまいました。NSA会長の酒井さん(先輩)にも「クラス上がりの一年目は一番チャンスなのにね!」とも言われたし、実際僕も解っていて、自分が当時の『東日本選手権』で勝ったのもGマスター1年目でした。関西に住んでいた時に出場出来ていても「どうせ勝てない。」からと言って遠くの試合にナマケて行かなかった事の”罪”が今になって神様が試練として与えてるのでしょうね!

 

 

「この悔しさは、時が解決して暮れて…この事を踏み台に頑張ろう!!!という気持ちになると思うけど…」今回は、こんなに長い間、自分の身体の故障でサーフィンが出来なくなった事がないから、そっちはそっちで”心が病む”原因になっているような気がします。7月14日にやってから早1.5ヶ月、一向に前に進む気配がない悲しさってないです。たまに「前みたいにサーフィン出来なかったらどうしよう?」とか「このまま、治らなかったら?」とか思ってしまったりする。

 

今もなおリハビリの段階では無く・安静にする段階で…かと言って、ギブスや肩が全然動かないって訳では無く、大げさでは無く1つの動きだけが全く出来ないだけという「何とも歯がゆい気持ちです。」

 

 

とにかく、焦ってもどうにもならないえど、早く治さないとお客さんや倶楽部の練習会にも迷惑が掛るし…明日も『SABBIA TWINFISH SURFIN' CLUB*定例練習会』があるので、浜辺からしっかり皆のライディングをチェックして、これから秋に向けて行われる倶楽部員皆の「サーフィン検定」や「コンテスト」や「トリップ」で良いライディングで出来るようにアドバイスしたいと思います。

 

 

気持ちと身体のバランスが取れていないので、一度!「年齢にあったトレーニングの仕方を見直しなさい。」と神様が良い機会を与えてくれたと前向きに考え、二度と同じ失敗は繰り返さないような身体作りとトレーニングを考え・行動して行こうと思います。

 

Keep On Surfin'

 

千葉南エリアの
水温も入れておきます。
23.8℃/24.2℃

まあまあ出来てます。

明日、
8/28(WED)中潮周り…
日出時間:05:07(15cm/AM8:59)

満潮の午後16:07(146cm)
陽入時間:18:12(116cm)
干満差*(131cm)(30cm)

南西ベースがやや強~午後強く吹く予報

 

8月最終週も、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。

海に行かれている方は楽しんで来て下さい!

 

今日も一日 皆さん、お仕事頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は8月28日(WED)になります。

『FREE SURFIN' DAY』次回は9月の(SUN)(WED)2回を予定しています。

奮って参加下さい!!!

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

  宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.08.25 Sunday

第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会Day3☆5day 8/21

 

- 第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会Day3☆5day 8/21 -

 

『全日本サーフィン選手権』前半の2日間が終了し、いよいよ後半のヒート数が最も多いシニア・メンクラスに突入!勿論、いぶし銀のマスター・Gマスターそして僕が出場するカフナクラスと続いて行くのですが…

 

 

結局、出場を辞退する事にしました。四国入りした次の日の大会前日にサーフィンしてみたけど「やっぱり、Takeoffすら出来ない痛みを感じ…」今回は本当に悔しいけど、辞退する事にしました。先生から「大会会場で一度やってみて少しでも痛みを感じるようだったら、今後の事を考えて大会は辞退するように…」と言われていたので、そうする事にしました。

 

その分、Kyraが頑張ってくれたので「今は良かったと思っています。」これでKyraもプロを目指す事に専念出来るし、私事になるけど「親子二人で旅をするのも、これが最後になると思うし…同じコンテストに出場する事も最後になると思ったので「何とか?!!」という気持ちはあったけど…全日本を親子で出場出来た事も素晴らしいし・今は来て良かったと思っています(喜泪)!!!」

 

 

- そんな訳で、予定より随分早くなってしまいましたが…8月21日(水曜日)に帰路に着く事にしました。-

 

 

- お世話になった民宿 -

 

少しだけ時間があって、以前にKyraが四国にお邪魔した時に高知市内で僕を連れて行って上げたかったみたいなので、余り時間は無かったけど有名所のお土産買う場所に案内してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、呆気ない幕切れになってしまいましたが、僕の場合、選手であると同時に仕事でもあるし…手術となって『2020 Bali Tour』に間に合わないなんて話になってこれ以上、お客様に迷惑が掛ったらシャレにならないので…今回の事を肝に銘じて「しっかり治すつもりです。」

 

久しぶりに出場出来た『全日本サーフィン選手権』でしたけど…まあ楽しい『全日本サーフィン選手権』でした。この悔しさをバネに『全日本サーフィン選手権』で良い成績が納められるよう、今まで以上に努力して行こうと思います。

 

最後に、『全日本サーフィン選手権』を運営されていましたスタッフ並びにNSAの役員の皆様・ジャッジの皆様・地元高知徳島のローカルの皆様・千葉西支部の皆さん「本当にお疲れ様でした。御苦労さまでした。」

 

そして、僕とKyraを応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。これからもkyraも僕も精進して頑張っていきますので、応援宜しくお願い致します。

 

- 完 -

 

 

- おまけ「自分の身体に…」 -

 

※8/25 SUNは、PM13:00~PM8:00 まで営業しています。

 

千葉南エリアの
水温も入れておきます。
21.9℃/21.4℃

一部で出来てます。

明日、
8/26(MON)若潮周り…
日出時間:05:06(40cm/AM7:03)

満潮の午後14:56(126cm)
陽入時間:18:14(109cm/PM19:37)
干満差*(86cm)(69cm)

東北東がやや強で吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。

海に行かれている方は楽しんで来て下さい!

 

今日も一日 皆さん、お仕事頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は8月28日(WED)になります。

『FREE SURFIN' DAY』次回は9月の(SUN)(WED)2回を予定しています。

奮って参加下さい!!!

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

  宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

2019.08.24 Saturday

- 第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会 Day2☆Trip4day 8/20 -3 -

 

- 第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会 Day2☆Trip4day 8/20-2 -

 

- 表彰式☆白波瀬 海来2位 -

 

『全日本サーフィン選手権』も3日間が終了し、いよいよココまでの表彰式です。前半戦はkyraが出場したボディボードやボーイズ・ジュニアなどのこれからの日本サーフィン・シーンを背負って立つ若者たちのクラスが中心でした。観ていて気持ち良かったですよ!「若いってイイね!」

 

 

- いよいよ始まります。 -

 

 

- 各カテゴリー4番までの選手だけが、上がれる表彰台です。 -

 

 

- 日本サーフィン連盟会長:酒井さん!!! -

 

 

- プレゼンテーターの方でKyraが写りませんでした(笑)。 -

 

 

 

 

- ここまで前半の千葉西支部ファイナリスト達… -

 

 

 

 

 

 

- 若者達の笑顔はやっぱり”可愛い”ね! -

 

 

あんまり努力の出来ない子が、初めは僕達の力を借りていたけど…自分一人で考えて海沿いに移り住んで…ココまで頑張ってやって来たと思います。自分の中の目標は、もう少し高いところにあるみたいだから今回の戦績に満足せず次の目標に向かって頑張って下さい。「おめでとう!」この場を借りまして「応援して頂きました皆さん、本当にありがとうございました。」

 

- つづく -

 

千葉南エリアの
水温も入れておきます。
22.6℃/21.7℃

一部出来ていましたね!!!

明日、
8/25(SUN)長潮周り…
日出時間:05:05(52cm/AM5:44)

満潮の午後13:52(114cm)
陽入時間:18:16(109cm/PM17:18)
干満差*(62cm)(5cm)

東系~南ベースの風が普通に吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。

海に行かれる方は楽しんで来て下さい!

 

お仕事の皆さんは頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は8月28日(WED)になります。

『FREE SURFIN' DAY』次回は9月の(SUN)(WED)2回を予定しています。

奮って参加下さい!!!

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

  宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

 

2019.08.23 Friday

第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会 Day2☆Trip4day 8/20-2

 

- 第54回 NSA全日本サーフィン選手権大会 Day2☆Trip4day 8/20-1 -

 

 

- パドルレース -

 

『全日本サーフィン選手権』恒例のパドルレース、支部対抗で今年は20の都道府県が参加・またこのパドルレースのポイントは支部のポイントにも加算され・しかもなかなか良いポイントが貰えます。「これが結構ガチで観ている方は楽しく・選手はかなりハード(笑)。」

 

 

『全日本サーフィン選手権』も2日間が終了し、いよいよコレが最後のカテゴリー!!!前半戦はkyraが出場したボディボードやジュニアなどでも点数を稼げたので、この「パドルレース」でポイントが取れれば、千葉西支部として昨年よりも良い成績が残せそうです。

 

 

 

 

- いよいよスタート!!! -

 

 

- 沖の左右のブイを回り、帰りは波の乗っても良いのですけど、今年は波が小さいので… -

 

 

- 頑張れ〜!!! -

 

 

- 優勝:湘南藤沢支部 -

 

 

 

 

- 最後:逆転して4位!!! -

 

 

- さすがの若者達も疲れた様子、でも良く頑張りました!!! -

 

 

- 4位まで、ポイントが貰えるので…「おめでとう!!!個人のヒートも頑張ってね!」 -

 

- つづく -

 

千葉南エリアの
水温も入れておきます。
23.7℃/25.7℃

四国から帰ったら

陽の出が朝5時台になってました(笑)!!!

明日、
8/24(SAT)小潮周り…
日出時間:05:04(107cm/AM11:12)

干潮の午後15:17(98cm)
陽入時間:18:17(116cm)
干満差*(9cm)(18cm)

午前中不安定~午後西ベースが普通に吹く予報

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。

海に行かれている方は楽しんで来て下さい!

 

今日も一日 皆さん、お仕事頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

※次回の『 TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は8月28日(WED)になります。

『FREE SURFIN' DAY』次回は9月の(SUN)(WED)2回を予定しています。

奮って参加下さい!!!

 

お楽しみに…!!!

 

”ポチッ”再開しました。

  宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

Powered by
30days Album