BRAND  STAFF&RIDER  LINK  ENTRY  CATEGORY  ARCHIVE  COMMENT  TRACKBACK  RECOMMEND
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10年すると時代は繰り返す???“空前のTWINFISHブーム” | main | [本日・お店お休み*完全定休日です。] >>
2019.03.19 Tuesday

【 父親 と SURFSHOP 】

 

 

【 父親と SURFSHOP 】

前略、皆様。

 

昨日ふと思ったのですが、海の雰囲気ってみんな明るい感じがして…明るいイメージなのにサーフショップのお店の中って暗いイメージ(照明も含め)がありませんか?お店の人が愛想がないとか・恐いとか・そんな事ではなく、色が暗いと言うか…?

 


僕がこどもの頃に通ったお店は、どこも日差しが入って明るい雰囲気があった…いつ行ってもサーフショップだけは夏のような雰囲気だった記憶がある?サーフボードが焼けるからとか・お店が大きくなったからとか・あるかもしれないけど、ハワイのお店とか・海外のお店の写真とか観ると今の時代も明るい雰囲気があって、そういえば比較的‘バリ’なんかは日本と同じ感じがする。「何でやろうか?」僕んところは“洋服屋さん”みたいだし、後ろに窓がないから余計そんな雰囲気だけど「昔のような明るいお店ってダメなのかなぁ〜!!無くなったネ!!!」「そんなお店があったら行ってみたい。今の若い子達ならきっとその方が良いような気がする。コンビニっぽくて入りやすいかも…苦笑。」

 

こんな話しも一昔前の話しで、そんなお店を知らない時代になってしまい《今のお店がサーフショップ》なのでしょうね(笑)。

 

 

 

- Mahalo Mr.Dick Dale -

 


先日、ある人から音楽を仕事にしているその人の息子が「おとうさん、ボブ・ディランってどんな人?」と尋ねられた話しを聞いた。どう応えたかは人それぞれなので、その人の答えはともかくとして「そうだよね!!ボブ・ディラン知らないよね?」やがて“ビートルズ”ですら知らない時代が来るんだろうね。

 


でもね!!僕は思うんだけど、お父さんがボブ・ディランやビートルズそれに70’S〜80’S時代のサーフショップをオンタイムで知っている人ならいいけど…?オンタイムの時代にお父さんが見逃していて気付いて無かったら…?ましてやその時興味がなく・知らないまま過ごしたのに、今になって音楽やサーフィンを始めたり・興味に持つ事を始めたら「プレイする事ばかりを勉強してしまうんだろうなぁ?」と…《本質の扉は開かれない》ような気がする。

 

 

子供達が「おとうさん、ボブ・ディランってどんな人?」と聞いた様に…誰かに「本質のサーフィンの真髄を訪ねて欲しい。」PCやスマホに向かってボブ・ディランやサーフィンを訪ねるのでは質問の幅が広がらないしネ?!!『カルチャって、きっとそういうヤツかも?音楽の事は良く解らないけど…サーフィンってプレーも良いけど、そこの本質の部分がもっと楽しい気がするから!!!』

 


 

千葉南エリアの
水温も入れておきます。
12.8℃/14.3℃

今日もFUNですね…

楽しそう(喜)!!!

明日、
3/20(WED)大潮周り…
日出時間:05:43(48cm/AM10:14)
陽入時間:17:50(87cm)
満潮の午後16時05(145m)
干満差*(97cm)(58cm)

北が弱い予報ですよ??!

 

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。

今日、海に行かれている方は、思いっきり楽しんで来て下さい!

 

お仕事の方は、今日も頑張りましょう!!!

 

気分上々!!!

えぶりばあでぃぴ〜す。

 

 

 

※次回の『 SABBIA TWINFISH SURFING CLUB 』定例*練習会は、明日3/24(SUN)です。

楽しみで~す!!!

 

※次回の『FREE SURFIN' DAY』は、4月21日(SUN)になります。

 

 

  ”ポチッ”再開しました。

  宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓


にほんブログ

 

 

 

【 3月のお店の行事 】

 

『SURFBOARDS ORDER FAIR』 は、コチラ!!!

 

『WETSUITS ORDER FAIR』 は、コチラ!!!     

 

2019 3月のスケジュールはこちらから...『Schdule Page』にて(クリック)!!!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album