BRAND  STAFF&RIDER  SCHOOL&CLUB  ENTRY  CATEGORY  ARCHIVE  COMMENT  TRACKBACK  RECOMMEND
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main | SCHOOL & CLUB >>
1960.01.07 Thursday

SBA CHAPTER ONE UNDERGROUND SURFBOARDS

 

 

- Cantii Fish shaped by Masaya Okamoto -

 

 

SBA CHAPTER1 UNDERGROUND SURFBOARDS

 

 

- My Fresh Fish shaped by Yuichi Endo -

 

 

2007年「サーフボードをキャンバスに様々なアーティストが自由に表現するプロジェクト。それが、SBA CHAPTER ONEアートボードです。」としてスタート。アンダーグラウンドなブランドでありながら、サーフアート界の巨匠「豊田 弘治氏」をはじめとした個性溢れるアーティストが賛同。

 


- Casper shaped by Yuichi Endo × 「Koji Toyoda 」ART -

 

 

【CONCEPT】 

サーフボードの形はシンプル。カラーリングもシンプルなレジンアート。グラフィックはアーティストによるアートボードをお楽しみ下さい。ツインフィンを専門としたシンプルデザインで日本人の体型にあった優しく乗りやすいサーフボードを追求しています。

 


- Fresh Fish shaped by Yuichi Endo × 「Aoi 」ART -

 

 

国内のシェイパー・ライダー・アーティストに協力頂き、

トラディショナルかつモダンで最高に乗りやすいサーフボードの開発を行っています。

 

 

【shaper】
 

 

 

 

- Masaya Okamoto -

 

 

 

[Masaya Okamoto] 1982 : CHIBA kujyukuri

パキパキCOMPボードから彼のシェープ人生が始まり、僕のブランドスタート当時に「若手シェーパーを捜していた時に彼と出逢う。」当時、千葉で「オルタナティブボードなど持ってのほか!!!」だった時代に僕のTWINFISHに賛同してくれてスタートしたのが彼との始まり!!!真面目な性格とサーフボードに対する追求新心が彼のシェープ技術の向上に拍車を掛けている事は間違いない。今ではSBA CHAPTER ONEのメインシェーパーと言っても過言ではない。

 

 

 

 

- Yuichi Endo -

 

 

 

[Yuichi Endo] 1956 : SHONAN chigasaki

1970年~80年の第一次サーフィンブームを迎えた時代に少年だった遠藤氏は有名ブランドのシャドウシェーパーとして年間数千本のシェープをこなしていた実力は本物(今の時代、こなしたくてもハンドシェープでオーダーが入るメーカーなどない→笑)。GLIDEが主流だったあの時代にそれだけのシェープをこなしていた実力はタダモノではない!!!本人自身”JPSA”LONG公認PROサーファーとしてのスキルが生かされたシェープは間違いナシ!!!

 

 

 

 

- Syuichi Ogawa -

 

 

 

[Syuichi Ogawa] 1950 : IZU shimoda

シェープの神様。プロサーファー’小川 啓’の父。勿論、現役時代”JPSA”TOPシード選手でした。70歳を間近に控え、今だ多くのPROSURFERやTOP-AMAがシェープルームを訪れている光景を観るだびに師匠の凄さを感じる。パフォーマンスボードとSBA CHAPTER ONEのコンセプトが融合出来た日がMODEL誕生の日になるでしょう。

 

 

【 Artists 】

 

 

 

 

- Koji Toyoda -

 

 

 

[Koji Toyoda] :日本を代表するサーフアーティスト!!!

 

 

 

 

[Aoi Kitaguchi] : アーティスト(ブランドプロデューサーとしても活躍中!!!)

 

 

 

 

[Masa Tabata] : アーティスト(PROスノーボーダーとしても活躍中!!!)

 

 

 

【Surfboards Model】

 

 

 

 

 

【Performance Model】

 

 

・Shaped by 「Masaya Okamoto」

   My Cantii Fish (パフォーマンス ツイン)

 

 

パフォーマンス系オルタナボードを得意とする”Masaya Okamoto”が満を持して作り上げたパフォーマンス系ツィンフィッシュモデル。「CANTII FISH」のフォルムを残しながらもスリムにしリップアクションがしやすいような形に整えました。乗り手の技量や体格に合わせてカスタマイズされ、リップアクションで波を攻めたい方やツインフィッシュでのリップアクションをマスターしたい方など、今までスラスターに乗られていた方が素直に入れるモデルです。

 

 

 

・Shaped by 「Yuichi Endo」

   My Fresh Fish (パフォーマンス ツイン)→このサーフボードで2019年/私、NSAサーフィン検定 2級 合格しました。

 

 

ビンテージの”STEVE LIZ”サーフボードが”Yuichi Endo”氏の工場にあった。テール幅が狭く・コンケープも思いの他入っていて・変なサーフボードだった…でも気になったので”Yuichi Endo”氏の良く似たボードを削って貰ったのがこのサーフボードのベース。フィンポジションとテール幅の調整を何回も繰り返し・このボードの性能を最大限に引き出す事が可能になりました。トップでのアクションがスムーズでグライド感+パフォーマンスを追求するモデルです。乗り手の技量や体格に合わせてカスタマイズされるモデルなので今までスラスターに乗られていた方が素直に入れるモデルです。

 

 

 

【Classicail Glide Model】

 

 

・Shaped by 「Masaya Okamoto」

   Cantii Fish (トラディショナル ツイン)

 

 

クラシカルな伝統的フェイスを忠実に求めたサーフボード。ウッドのキールフィン(フィンシステム選択可能)が選べるモデルで日本人の乗りやすく(日本人体型)作られています。スピードとカービング・グライド感を兼ね備えたグライドボード。SBA CHAPTER 1サーフボードのラインナップは、この『CANTII FISH』と『FRESH FISH』が一番オーソドックスなメインモデルとなります。

 

 

 

・Shaped by 「Yuichi Endo」

   Fresh Fish (トラディショナル ツイン)

 

 

クラシカルな伝統的フェイスを忠実に求めたサーフボード。ウッドのキールフィンを用いたモデルで日本人の乗りやすく(日本人体型)作られています。スピードとカービング・グライド感を兼ね備えたグライドボード。SBA CHAPTER 1サーフボードのラインナップは、この『FRESH FISH』と『CANTII FISH』が一番オーソドックスなメインモデルとなります。

 

 

 

・Shaped by 「Yuichi Endo」

   Wild Fresh Fish (トラディショナル ツイン/ワイド)

 

 

僕と”Yuichi Endo”氏の傑作!!!面の整ったゆったりとした波やサイズのある波の日に安定したグライド感を楽しめる究極のフィッシュボード。腰サイズのスモールサイズからリーフブレイクの頭オーバーまで楽しめます。フィッシュボードで難しいとされているバックサイドの波では威力を発揮してくれますよ。大きなラインで優雅にグライドサーフィンしたい方に最適なモデルです。

 

 

 

【Simmons Model】

 

・Shaped by 「Yuichi Endo」

   CASPER (リスペクト シモンズ)

 

 

ミニシモンズのリスペクトモデル。誰も乗る事の出来ない小波の日に優越感に浸れる優れモノ。あまりバンピーでないメローなコンディションであれば頭サイズ位までOK!!!持ち運びが身軽なのにTakeoffはロングボード…持っているだけでちょっとリッチな感じにさせてくれる『キャスパー』「サーフィンってこんなに楽しんだ!」って思えるセカンドボードの必需品。

 

 

 

【Single Model】

 

 

・Shaped by 「Yuichi Endo」

   GLIDER (シングル)

 

 

”遠藤氏”の工場に眠っていたシングルを引っ張り出して…アウトラインを引き直してちょっとヤンチャな攻め系シングルフィンに変身!!!速めの波をグライド感たっぷりにライドでき、トップへのアプローチもスラスターなみ!スランプ時にオ―ソドックスなラインを思い出させてくれる優れモノ。TWINFISHライダーでも1本持っておきたいサーフボード。

 

 

 

・Shaped by 「Masaya Okamoto」

   Bali High (ミッドレングス シングル)

 

《 Sorry! No Photo!!! 》

 

ミッドレングスのシングルフィンサーフボード。楽しめるサーフボード*優雅に乗れるサーフボードがコンセプトに開発さました。身体が疲れた時にもサーフィンが楽しめ、優雅にぐルージンぐ感覚で波に乗るには最適なサーフボードでしょう。

 

 

 

・Shaped by 「Syuichi Ogawa」   

   coming soon...

 

 

Thank you for watcing....

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album